これ、本当にクラウン? 冒険したくなるトヨタのアウトドアカスタム

  • 7,383

  • author 武者良太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
これ、本当にクラウン? 冒険したくなるトヨタのアウトドアカスタム

特にこのクラウン・クロスオーバーがいい。勇ましくて良い。

1月13〜15日まで幕張メッセで開催されているTOKYO OUTDOOR SHOW2023で見かけたレクサス&トヨタブースに、「自然を理解し、楽しみ、守っていくアウトドア体験をお届けしたい」というテーマで組み上げられた粋なカスタムコンセプトカーたちが展示されていました。

これでキャンプ行ったら楽しいだろうなあ、と思えるモデルたちばかりでしたよ。

2人乗りのROVコンセプト

DSC07553
Image: 武者良太

地球上だけじゃなくて月面や火星の地表すら走ってくれそうROVコンセプト。あちこち剥き出しでマッチョな雰囲気がマシマシです。

DSC07551
Image: 武者良太

石どころか岩も掴んでくれそうなトレッドパターンのノーパンクタイヤがキャッチー。おしゃれは足元から、っていいますもんね。

DSC07556
Image: 武者良太

このタイプのバギーって日本の道路交通法とは相性が悪いのですが、北海道の原野とか走れたら楽しそうですよね。認可してほしいなあ。

レクサスLXでどんな場所でもキャンパーに

DSC07560
Image: 武者良太

ゴージャスなスピンドルグリルが目を惹くレクサスLXですが、ランドクルーザー譲りの悪路走破性のDNAは受け継いでいますし、ガチめなアウトドアカスタムコンセプトはむしろ生まれ持つスキルを引き出すための手段だと感じます。

DSC07561
Image: 武者良太

車体が大きいから、キャリアにルーフテントだけじゃなくコンテナも載せられちゃう。ヘビー級SUVの余裕を見せつけています。

DSC07562
Image: 武者良太

キャンピングカーのように内装を大きくいじることはなく、キッチンにコンロ、冷蔵庫まで綺麗に収めているのがレクサス流。これは生き抜く力を持った1台とも言えますね。

レクサスRXもアウトドア仕様に

DSC07570
Image: 武者良太

屋根の上のスペースを活用すれば快適なキャンプもおきらくごくらく。ポップアップ式のルーフテントを載せれば、テントを立てる時間を使って料理やホビーに専念できちゃう。このレクサスRXのコンセプトカーは、レクサスがあるアウトドアライフスタイルを体現しているかのよう。

DSC07574-1
Image: 武者良太

ルーフテントのカバーの上にも荷物なり装備なりを固定できるのもポイントですね。

ラグジュアリーさを生かしたクラウン・クロスオーバー

DSC07563
Image: 武者良太

樹脂のマテリアルそのままのオーバーフェンダー、広範囲を強烈な光で照らすLEDライト、牽引フックに飛石や飛泥を防ぐマッドフラップ。まるでラリーカーです。正直、クラウン・クロスオーバーがこんなにも進化するとは思っていませんでした。

DSC07566
Image: 武者良太

見えづらくて申し訳ないのですが、海外仕様の分割可倒式リアシートを使うことで、長物も収納可能に。これ、SUVとしての実力がめちゃくちゃアップしていませんか?

Source: 東京アウトドアショー2023