SFちっくな見た目だけど視界のクリアさで群を抜くVRヘッドセット

  • 9,164

  • author 武者良太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
SFちっくな見た目だけど視界のクリアさで群を抜くVRヘッドセット

パネルだけじゃなくてレンズもいいもの使っていますね、コレ

2020年のCESでパナソニックが試作機を公開、その後、パナソニック傘下のシフトールの手によって開発が進められることになったVRヘッドセット「MeganeX」。その量産型がCES 2023で公開されました。それでは初期の頃からの形状の変化を見ていきましょう。

jn200107-4-1
Image: パナソニック

こちらがCES 2020で公開されたプロトタイプ。攻殻機動隊のバトーさんのようなメガネだと話題になりました。

gugl
Image: パナソニック

CES 2021で公開されたバージョンはイヤホンがなくなり、テンプル部分にスピーカーが内蔵されました。左右合わせて5K解像度のパネル+レンズを組み込んだ鏡胴を左右に動かしてIPD(左右の目の瞳孔間距離)の無段階調節ができる構造となり、テンプルも後頭部で支える形状に変更。パネル・レンズサイズの大型化、6DoF対応、PCと接続してのSteamVR対応としたことから本体が重くなったのでしょう。

ewv-1
Image: シフトール

CES 2022ではシフトールブランドで「MeganeX」という名前で発表。Ver.2021と同じような構造ですがよく見ると細部が異なりますし、ゴーグル部の横にセンサーが組み込まれているパーツもくっついています。

sss
Image: シフトール

そして実際に、2023年3~4月ごろより24万9900円で発売されることになったMeganeXがこちらです。ウイング状のセンサーボックス、額でささえるバンドや、後頭部のパッド部にベルトフックなどが増設されました。

2022年12月に開催されたXR Kaigiで実機のデモを見せてもらったのですが、画質の良さと色の正確さが秀でていました。クリアな視界でゴーストも感じない。なんだか眼が良くなった気もしてきた。有機ELパネルのディスプレイで3D CGを見たときと同じ印象で、3Dモデルを間近から確認できる。クルマや建築物の分野では、3Dモデリング上で形状の検討を行ってから開発・製造工程が進みますが、そういったB2B向けの市場においては正確性が重視されるため、MeganeXのようなVRヘッドセットは注目されるでしょう。

Source: シフトール

続々・メタバースを諦められないザッカーバーグ

メターバースにフルコミットしているマーク・ザッカーバーグ氏。絶対にメタバースは諦めません。彼の目には10年後盛況するメタバースの姿が見えているんですから。てこと...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/meta-metaverse-horizon-worlds-vr-reality-labs.html