品種改良で自己消火する新種の綿花が誕生

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
品種改良で自己消火する新種の綿花が誕生
Image: Shutterstock

化学難燃剤は、燃えにくいことで火災が広がるスピードを緩めてくれます。が、炎的には安全でも健康面の懸念があり、全方位的に安全とはいえず。なんかうまいことできないかなーと、米農務省の農業研究実業団が研究を重ねたところ、できちゃいました。自己消火する綿の誕生です。

Gregory N. Thyssen氏率いる研究チームは、既存の栽培品種の対立遺伝を用いて、新たに10種の綿花品種の開発に成功。それぞれの綿花から生地を作り、燃焼テストを行なったところ、うち4種の綿生地が完全自己消火機能を持つことがわかりました。

健康被害も低減

詳細はPLOS ONEに論文が掲載されていますが、かんたーんにいうとこういうこと。

既存の綿花品種のゲノム解析を行ない、いくつかの遺伝子が難燃作用に関係することを発見。これらの遺伝子は、難燃作用のレベルに等しい表現型を構成することがわかりました(論文では「熱放出力」とされ、これが低いほど難燃作用は高まる)。研究チームのJohnie Jenkins氏とJack McCarty氏が、11の非難燃綿花品種から、熱放出力が異なる10の新種を開発。これに論文執筆を担当したBrian Condon氏のチームが燃焼テストを実施。45度の角度で生地を燃やし、熱放出力が低い4種が自己消火機能に優れていると結論づけました。

Gif: Thyssen et al., 2023, PLOS ONE, CC0


米農務省のリリースにて、Condon氏はこう語っています。

商業品種の開発は、綿製品の安全性を高めると共に、科学難燃剤による経済的、観光的影響を軽減させます。この手の開発は、栽培者、生産者、消費者にとって大きな利益となります。

難燃綿花の品種は、生地業界にとってゲームチェンジャーとなります。難燃機能のある生地は、1970年代から開発されていますが、今のところ化学物質を使用して実現しているもの。結果、成分が人体や動物の体内で生物濃縮され、内分泌かく乱作用や生殖障害、発ガン性などのリスクが考えられています。つまり、燃えないけど有害リスクありということ。今回の研究による綿の品種改良で燃えない、かつ安全な生地に1歩近づいたということです。

品種改良ってすごいね。

アウトドアでの使い心地バツグン&乾燥もめちゃ早なエコ素材下着「UNSUNG」

素材の90%にリサイクル素材を使用したアンダーウェア「UNSUNG」。エコなだけでなく履き心地も抜群で「ちょっといい下着を選びたい」と考えている人におすすめなん...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/bring-unsung.html