ヘッドセットを付けなくてもゲームに没頭できる。Razerのサウンドバーならね

  • 6,099

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ヘッドセットを付けなくてもゲームに没頭できる。Razerのサウンドバーならね
Image: Razer
追跡サラウンド

その手があったか。

スピーカー1個でサラウンドサウンドなんて物理的に無理な話ですよね。普通は1か所にジッとしていないと味わえない世界なので。でもRazerから新しく出たPC用サウンドバー「Leviathan V2 Pro」ならカメラが頭を追って耳の方向に音を浴びせてくれるので、動きまくってもサラウンドサウンドが楽しめます。

本当のサラウンドサウンドは人をスピーカーで囲まないと実現できないのが最大のハードルです。ソファに括りつけて何時間もNetflix観てるぶんには問題ないのだけど、デスクでゲームするときには体も揺れちゃいますもんね。少し離れたTVの下のスピーカーならまだしも、PC周りの至近距離にあるスピーカーだと動ける範囲はますます狭まってしまいます。

20230107razor_3D-soundbar_1
Image: Razer

その点、「世界初のPC用ビームサウンドバー」のRazer Leviathan V2 Proならフロント向きドライバーが何個も搭載されていて、赤外線カメラでリスナーの現在地をリアルタイムで検出しながらビームの向きを調整してくれるので、どこに移動しても常時3Dサウンド。

ニンテンドー3DSも初代では見るアングルによって3Dに見えたり見えなかったりしましたが、新型では顔の動きを追跡するカメラが搭載になって、画面上に再現される3Dエフェクトが顔の位置に合わせて調整されるようになっていました。あれに似てますよね。

20230107razor_3D-soundbar_2
Image: Razer

Razer Leviathan V2 Proの3Dオーディオはゲームタイトルや音源に応じて次の2つのモードで楽しめます。

< class="" >

・THX空間オーディオ用バーチャルヘッドセット(ステレオ、バイノーラル音源向け)

・THX空間オーディオ用バーチャルスピーカー(マルチスピーカーのサラウンド音源向け)

Razer製品らしいRGB LEDライティングもついていて、下がこんな風に光ります。光は画面上のコンテンツに同期させたりも可能。サブウーハー付きで400ドル(約5万2700円)、2月発売。

ゲーミングヘッドセットがあれば『スプラトゥーン』しながらディスコードで通話できる!

ゲームのサウンドとDiscordの通話を1台のヘッドセットでやりたいなぁ。そんな願いを叶えてくれる製品が、SteelSeriesの「ARCTIS 7P+ WIR...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/steelseries-arctis-7pplus.html