靴箱に入れれば乾燥までできるって最高じゃない?

  • 8,237

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
靴箱に入れれば乾燥までできるって最高じゃない?
Image: サンコー

突っ込んでボタン押すだけ。

あると便利だな〜。で導入した家電も、日常的に使いにくかったり、セットアップの手間があったり、出したりしまったりを繰り返さないと…。が面倒で結局使わなくなっちゃう。そんな経験ありません?

やっぱり日常的に使うものは、生活の導線の中でアクセスできないとスマートじゃない。この視点で考えると、サンコーの靴乾燥機は非常に理にかなっています。

2023-01-18kuk01
Image: サンコー

多くの靴乾燥機が、ホースをや本体を靴の中に突っ込む必要がある中、こちらはケージ式。このボックス自体を靴箱として使えるので、出しっぱなしが許されるのです。

帰宅したらこの靴箱に入れて、ボタンを押す。庫内温度は40度〜60度で最大70分のタイマーも設定でき、毎日スッキリと乾燥した靴を履いて出かけられるわけです。

そんな靴乾燥機の直販価格は7,980円。名前を『乾燥できる靴のアパートメント「ムレ取れ荘」』と言います。コメントしにくい名前ですが、理にかなった提案だと思うんですよねぇ〜。

まったくもって余談で、メーカーもきっと推奨していないと思うのですが、プラモの塗装パーツを乾かすのに…。いや、なんでもありません。

ウェアラブルこたつの「こたんぽ」が進化。こりゃダメ人間になりそう

サンコーの着るこたつ「こたんぽ」がリニューアル。ヒーターの高さやタイマーなどが改良されてより使いやすくなっている。

https://www.gizmodo.jp/2022/10/thanko-kotanpo.html

Source: サンコー via 価格コム