Twitterでサードパーティーアプリ使用停止の理由、公式がぼんやり説明

  • 8,399

  • author Kevin Hurler - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Twitterでサードパーティーアプリ使用停止の理由、公式がぼんやり説明
Image: mrmohock / Shutterstock.com

ぼんやりすぎて何もわからない。

Twitterでは、1月13日からTweetbotなどのサードパーティーアプリが突然利用できなくなりましたが、Twitter公式がその理由についてやっとツイートしました。

「Twitterは長年運用してきたAPIルールを施行しています。その結果、一部のアプリが動作しない可能性があります」

ちょっと…それって何も説明してないのと一緒じゃ?…。サードパーティーアプリは、TwitterのAPIにアクセスして動くようになっています。例えばTweetbotは、ユーザーは自分のTwiiter画面のメニューをカスタマイズできたりと、とても便利で使い勝手が良いのですが、突然動作しなくなって、さらにはその説明がぼんやりしすぎでたくさんの人が困惑中です。今までずっとサードパーティーアプリが使えていたのに、長年のルールってどんなルールなんでしょうか?

広告収入減の防止対策?

利用できなくなったアプリの1つechofonは、「接続に障害があることは認知しています。原因の判明と問題の解決のために努力していますが、Twitterからはまだ返答がない状態です。もうしばらくお待ちください」とユーザーに向けてツイートしています。

テクノロジー系ニュースサイトEngadgetは、サードパーティーアプリはTwitter上の広告をブロックできる機能があるため、Twitterが広告収入の減少を防ぐためにアプリ自体を使えないようにしたのではないか?と報じています。

Twitter公式が一応説明を出したということは、単なる一時的で偶発的な不具合ではなく、意図的であることになりますよね。サードパーティーアプリが使えなくなったということは、ユーザーはしぶしぶTwitterアプリか、ウェブブラウザを使うしかありません。これが狙いなんでしょうか?

米Gizmodoも今回の件をTwitterに問い合わせていますが、回答はなし! とりあえず開発者たちはプンプンです。

GM、ファイザー、オレオ…。イーロン・マスクの買収後にTwitter広告をやめた企業

Twitter買収から中間選挙での政治的発言もあって、企業としては扱いづらい存在のマスク氏。イーロン・マスク氏が買収した瞬間から嵐が吹き荒れているTwitte...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/elon-musk-twitter-list-of-advertisers-leaving.html