HTCからVRもMRも楽しめるヘッドセット「VIVE XR Elite」登場

  • 7,127

  • author 武者良太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
HTCからVRもMRも楽しめるヘッドセット「VIVE XR Elite」登場

カラーパススルーの映像がめちゃくちゃ綺麗でびっくり。

長らくVRヘッドセットを作り続けてきたメーカーだからこその出来栄え、というべきでしょうか。頭に装着するウェアラブルなモノなので、実際に装着して各機能や視野を確認してみないと真価は判断できないのですが、CES 2023で発表されたHTCの「VIVE XR Elite」は現時点におけるベストなVR/MRヘッドセットとなりえるかもしれません。

モジュール式を採用したヘッドセット

b
Image: HTC

解像度は1920x1920ピクセル(両目3840 x 1920ピクセル)でリフレッシュレートは90Hz、視野角は最大110度です。ヘッドセット単体でもVRが動かせますし、解像度がそれほど高くないのでそこそこのスペックのゲーミングPCに接続して使うこともできます。

VIVE Focus 3ゆずりのインサイドアウト方式(本体のカメラで自分の位置を割り出す方式)で、部屋にセンサーを設置する必要はナシ。デュアルマイクで音が反響しないのもいいところ。熱い。

4機のトラッキングカメラに1600万画素RGBカメラつき。このRGBカメラでカラーパススルーを実現します。Pico 4のような単眼カメラですが深度センサー(LiDAR?)は入っている。立体感と距離感の表現がどうなるか気になりますが、海外のジャーナリスト・YouTuberのThrillさんがCES 2023現地で撮った動画をみると、ダイナミックレンジの広さに驚きます。裸眼で見ているときとほぼかわらなくない?

あと深度センサーを使った3Dスキャンも可能になるかも。熱い。

c
Image: HTC

バッテリーはヘッドストラップの後部に備わります。たぶんスリープ状態でのバッテリー交換にも対応。これもVRゲームセンターなど大型商業施設での採用を考慮していたVIVE Focus 3ゆずりの機能といえますね。

d
Image: HTC

PCとの接続が前提であればバッテリーを外し、テンプルパーツを装着すれば軽いメガネスタイルでの運用も可能です。椅子に座りながらの操作であれば有線接続でも問題ないですし、折りたたんで小さくなることから持ち運びもしやすくなりそう。熱い。

メガネがなくても大丈夫な視度調整機能付き

e
Image: HTC

レンズ部には視度調整機能も入ってる。メガネをつけなくてもフォーカスばっちり。熱い。

f
Image: HTC

大口径のドライバーユニットも使っていますから、音質にも期待できます。

アプリ開発者向けのプロ用ヘッドセット

g
Image: HTC

22万6800円のQuest Proと比べるとアイトラッキング・フェイストラッキングは後付けですが、VIVE XR Elite17万9000円と比較的リーズナブルです。VR、MRコンテンツを作ってみたいエンジニアをサポートしてくれるヘッドセットになりそうじゃないですか。

予約は開始済み。発売日は未定ですが、100ドル以上相当のアプリがダウンロードできる予約特典の条件の一部を見ると「2023年3月31日より前にVIVE XR Eliteのセットアップを完了する」と記されているので、2~3月中には手元に届くかもしれませんね。

wq
Image: YouTube

ちょっと気になるのは、フェイストラッキングユニットをつけたときの、ぞうさん顔かなあ

Source: HTC