二重ウォールで熱くならない! ごはんやスープもOKな純チタン製ボウル「Bowan」

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author shunki.n
  • X
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
二重ウォールで熱くならない! ごはんやスープもOKな純チタン製ボウル「Bowan」
Image: Unkakudou

こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

金属だけど、熱いスープもOK!

アウトドアでは定番の金属製食器。軽さや耐久性が求められるため、チタンやステンレス製のモノをよくみかけますよね。ただし、熱が伝わりやすいため、熱い食事には向いていないのが難点。

そんな課題を克服したのが、今回ご紹介するチタン製ボウル「Bowan」。二重ウォール仕様で、アツアツのスープやごはんもOKなんですよ。

アウトドアはもちろん、自宅でも使いやすい仕上がりになっているそうなので、おトクな先行販売情報と合わせてチェックしてみてください!

チタンのメリットはたくさん

本文画像6
Image: Unkakudou

チタンという金属の優位性はいくつかありますが、ひとつに熱伝導率の低さがあります。

用途によってはデメリットにもなる性能ですが、食器としては熱いスープを入れても持ちやすくなるのでメリットと言えますね。

同時に中身の熱も奪いにくいため、食事が冷めにくい(ぬるくなりにくい)という効果も得られます。

本文画像7
Image: Unkakudou

チタン自体は軽い金属ではないのものの、高い強度によって他の金属より薄く細く作れるのがポイント。結果として同強度なら、他の金属に比べて軽い製品にできます。

「Bowan」もわずか76gという軽さで、一般的な陶器製のお茶碗(約200g前後)と比べても3分の1ぐらいの重量。持つのもラクになり、落としても簡単には壊れないので、家でもアウトドアでもガンガン使えますね!

S_DSC3114
Image: Unkakudou

キャンプサイトなどで洗剤が使えない場合、水洗いだけでもキレイな状態に。

チタン製品は酸化皮膜によって金属のニオイや味が染み出すのも防いでくれるため、食事やドリンクから金属臭/味が伝わらないのもチタン製品のメリットなんですよ。

滑り止めでツルっとしない

Main-1
Image: Unkakudou

金属製食器はツルツルした表面で滑りやすい印象がありませんか? 「Bowan」は滑り止めのミゾ加工があるため、濡れた手でもしっかりと持つことができるそうですよ。

自宅でもキャンプでも

Resize_DSC3045
Image: Unkakudou

軽くて高耐久なので、アウトドアでは間違いなく活躍してくれるでしょう!

サブ画像IMG_7859-min
Image: Unkakudou

もちろん自宅で使ってもOK。熱々のご飯でも二重ウォールでヤケドせずに持てますよ。

主食や主菜が金属食器だと味気ないなと思う場合は、熱伝導率の低さを活かして、アイスやヨーグルトなど冷たいデザートに使ってみるといいかもしれませんね!


二重ウォールで熱い食事もOKな軽量高耐久のチタン製お椀「Bowan」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにておトクなキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売価格から15%OFFの3,553円(税・送料込)からオーダー可能でした。

割引価格の先行販売は2023年5月30日(火)までとなっていたので、気になった方は下のリンクから早めにチェックしてみてください!

Source: machi-ya