ピークデザインのストラップで機動力が大幅アップ。首掛けよりこっちかも…

  • 15,316

  • author 大平千沙
  • X
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ピークデザインのストラップで機動力が大幅アップ。首掛けよりこっちかも…
Photo: 大平千沙

日中も涼しい風が吹くようになり過ごしやすくなってきましたね。

カメラを持ち歩くことも多くなる中で、カメラをもっと自由に安全に持ち歩く方法を探していたところ、ピークデザインのカメラストラップを見つけました。普段使用しているネックストラップに比べて撮影の自由度がアップしたので紹介します。

首に掛けるよりも身軽に動ける

DSC07430

ピークデザインの手首にかけて使うリストストラップCUFF(カフ)」。

ピークデザインといえば、カメラとの素早い着脱を可能にした「アンカーシステム」(上の写真のストラップ上にある、丸い形の着脱部分)。使い心地がよく、1度使うと手放せない人も多いはずです。

そんなアンカーシステムと手首に固定できるストラップを組み合わせたアイテムCUFF(カフ)は、ストラップを首にかけたままの撮影が難しいと感じるシーンで活躍してくれます。首からストラップを外す際の落下が不安だったのですが、それをスマートに解決してくれました。

DSC04979

付属品は、収納ケースとアンカー1個。アンカーは事前にストラップに付いているので、合計2個付属していることになります。こちらのアンカーは消耗品のため、ストラップ内部の黄色い部分(イエローインナーコア)が見えた時は交換が必要なんだそう。

ワンタッチで着脱できるスマートさに感動…!

DSC05450

カメラストラップを簡単に着脱式にするためのアダプター。丸いアンカーを親指で軽く押すだけで着脱することができます。ピークデザインの全てのストラップに対応しており、カメラ、双眼鏡、水筒など、身の回りのさまざまなシーンに分けて使うことができるので、ピークデザインのアイテムを持っている方はすべてピークデザインで揃えると、さらに使い勝手も良くなりそうですね。

DSC05433

シートベルト素材で丈夫なストラップは、片手でも簡単に調節することができました。

反対に緩める時は少しコツが必要で、ストラップをしっかりと張った状態で手首をベルト方向に返すと片手でも緩めることができます。

使わない時は手首に巻けるけど、手首が細い方は注意が必要

DSC05440

使用しないときはブレスレットとして手首に巻いておくこともできます

マグネット式のロックは、手首に合わせて止めたり、大きなループのままでも使用できます。ストラップの内部にマグネットが内蔵されているのですが、写真で示している部分のみとなるので、ループの大きさには制限が出てきます。

DSC05438

ループサイズは直径45~97mmと調整することができますが、手首に合わせてストラップを絞めるとかなり余裕が出てしまったので、手首が細い方は特に注意が必要です。

とはいえ、このアイテムのおかげでカメラの機動力が大幅に向上したので、しばらく使ってみたいと思います。

Photo: 大平千沙

ピークデザイン カフ リストストラップ ほしい?

  • 0
  • 0
Amazon

シェアするX