カメラの祭典CP+ 2018が開幕! 各ブースのようすです #CPplus

Image: ギズモード・ジャパン編集部

Image: ギズモード・ジャパン編集部

年イチのカメラ製品の見本市CP+(シーピープラス)が今年も開幕しました! 会期は3月1日(木)から4日(日)まで、会場はパシフィコ横浜。ギズモード・ジャパンは今年も、会場から注目のカメラを中心にレポートしていきます!

この記事では、まずは会場、各ブースのようすをお届けします。

Image: ギズモード・ジャパン編集部

こちらが展示会場のパシフィコ横浜。

Image: ギズモード・ジャパン編集部

右側の入口から入ると、すぐ見えるのはオリンパス。

Image: ギズモード・ジャパン編集部

そこから会場奥まで進むと、富士フイルムのブースです。

Image: ギズモード・ジャパン編集部

FUJIの今年の大本命は、新フラッグシップ機の「FUJIFILM X-H1」。名前が気になるフェザータッチシャッターを後ほど触ってみようと思います。

2018年大本命のカメラが来た。富士フイルムの新たなフラッグシップ機「FUJIFILM X-H1」

https://www.gizmodo.jp/2018/02/fujifilm-x-h1.html

Image: ギズモード・ジャパン編集部

こちらはキヤノン。CP+直前に新たなミラーレスカメラ「EOS Kiss M」やエントリー機「EOS Kiss X90」を発表し、今年はKiss一色です。

キヤノンEOS Kiss M発表!…したけど、それより新型スピードライトがヤバいから見てほしい

https://www.gizmodo.jp/2018/02/eos-kiss-m-canon.html

Image: ギズモード・ジャパン編集部

こちらは、Panasonic(LUMIX)。スチル重視のフラッグシップ機「DC-G9」や、CESで発表されたムービーフラッグシップ機「DC-GH5S」をはじめ、24-360mmの超倍率レンズを搭載いたコンデジ「DC-TX2」まで新型3モデルが揃っています。

物欲物欲…。1型センサー+24-360mmがコンパクトボディに凝縮された「LUMIX TX2」

https://www.gizmodo.jp/2018/02/lumix-tx2.html

Image: ギズモード・ジャパン編集部

Nikon(ニコン)です。今年は何があるのだろう…?

Image: ギズモード・ジャパン編集部

Image: ギズモード・ジャパン編集部

そして、CP+会場のなかでも存在感たかめのソニー。ちょうど先日発表された「α7 III」を抱え、すでに長蛇の列が…。こちらも後ほどレポートできればと思います。

α7 IIIハンズオン:ミラーレス一眼時代を告げる「完成されたベーシック」

https://www.gizmodo.jp/2018/02/sony-a7-3-mirrorless-camera.html

Image: ギズモード・ジャパン編集部

こちらはドローンでおなじみDJI。1月に発表された「Mavic Air」やスマホ用ジンバルの「Osmo Mobile 2」など、最新の製品が揃っています。

そして後ろに見えますのはDJI傘下のハッセルブラッド。1億画素をピクセルシフトさせる576万円の中盤カメラ「H6D-400c MS」に注目です。

時を止めるカメラ。4億画素で2万3200×1万7400ピクセルの画像を撮る「H6D-400c MS」

https://www.gizmodo.jp/2018/01/hasselblad-h6d-400c-ms.html

Image: ギズモード・ジャパン編集部

リコーも先日発表された「PENTAX K-1 Mark II」をはじめ、THETA Vなどのカメラを展示しています。

Image: ギズモード・ジャパン編集部

そして、先日新型のマクロレンズを発表したSIGMA(シグマ)。それはまだ使えないですけど、たくさんのレンズが並んでおりました。

SIGMAがフルサイズ対応のEマウントレンズを一気に9本発表。みなさんどれが欲しいですか?

https://www.gizmodo.jp/2018/02/sigma-full-frame-e-lens.html

今日はこれから、どんどんレポートをお送りしていきますよ!


Image: ギズモード・ジャパン編集部

(山本勇磨)

Outbrain