Apple、MagSafeからUSB-Cに変換するアダプタの特許を出願。製品化あるかな?

  • 塚本直樹

MagSage再生計画。

MacBookシリーズに新コネクタ「USB Type-C」が取り入れられてから、かなり経った気もしますが、今でも磁石でくっつく「MagSafe」が懐かしい、という人もいるはず。そんなMagSafeをUSB Type-Cに変換するアダプタの特許が、Apple(アップル)によって出願されていたんです。

米国特許商標庁が公開した今回の特許文章では、もうストレートに「MagSafe→USB Type-C」への変換アダプタのデザインが確認できます。これなら手元にMagSafe対応の電源アダプタが余っている場合でも、新しいMacBookの充電用に活用できるはず。

さらにMagSafeは引っ張られると抜けるという特性があるので、よくケーブルに足を引っ掛けられる環境ではUSB Type-Cよりもこの変換アダプタの方が便利な可能性があります。ただ、思ったよりもケーブルを足に引っ掛ける機会は少ないというのが個人的な印象。

またサードパーティ製品に目を向けると、実はUSB Type-Cコネクタを利用しながら磁石で外れるケーブルという製品がすでに販売されています。今回の特許文章に登場したアダプタがいつ頃製品化されるのかはまったく想像できないので、本当に必要ならサード製品を買ってしまうのもいいかもしれませんね。


Image: USPTO
Source: USPTO via ubergizmo

(塚本直樹)