未来の充電器はフリスクサイズ

  • 小暮ひさのり
1029
Photo: 小暮ひさのり

次の未来は、このサイズでした。

本日6月6日に開催されたAnker Power Conference '19 Summerでは、Anker製のさまざまなモバイルバッテリー、充電器、スピーカー、イヤホン、掃除機などが発表されました。その中で、これだ!と飛びついたのが、こちらです。

Photo: 小暮ひさのり

PowerPort Atom III Slim

PowerPort Atom III Slim」。

Loading ...

窒化ガリウム(GaN)を採用した次世代充電器で、USB-C×1ポートで30Wという出力ながら、指でつまめるこのサイズ、このスリムさ! すっごくない? エグくないですかこのサイズ!

しかもパチン!パチンです!

昨年11月に発表された窒化ガリウム採用の「PowerpPort Atom PD 1」が同じく30Wなんですけど、こいつはプラグが折り畳めて収納できるんです。ほんんんんんっっとうにスリム!

でも30Wなんでしょ?って思われるかもしれませんが、30WってiPadやiPhoneの高速充電はもちろん、MacBookシリーズだって充電できちゃいます。MacBook 12インチやMacBook Airの標準アダプターが30Wなので、それと同じ。

MacBook AirやMacBook Proの場合はゆっくりになるけど、それでも時間をかければ充電できます。外出用のお守りアダプターとしてバッグのスキマに入れておくのに、まさにベストなパートナーとなると思うのです。

Photo: 小暮ひさのり

こちらも新作「PowerPort III Mini」(左)

また、同じく本日発表された窒化ガリウムではない「PowerPort III Mini」(写真左)も30Wとの比較がこちら。どちらもプラグを折り畳めるタイプです。

最初はこの「PowerPort III Mini」こそ、本日のメインだな!って思ってたんですよね。「PowerpPort Atom PD 1」のプラグがしまえなくて邪魔問題を解決できるし、これがベストな形だよね〜って…。でも実物を見たら、「PowerPort Atom III Slim」の圧倒的なスリムさに、僕らはすっかりヤられてしまいました。

Photo: 小暮ひさのり

どれも名前が似ているのでまとめましょう。Ankerの30W三銃士を連れてきたよ。

※すべて30W

:「PowerPort Atom III Slim」(推し!)……窒化ガリウムで、超薄くてフリスクサイズ(75×46×16mm、58g)、プラグしまえる。

中央:「PowerPort III Mini」………窒化ガリウムじゃなくて、ちょっと胴長(51×43.6×28.6mm、60g)、プラグしまえる。

:「PowerpPort Atom PD 1」……最初に発売された窒化ガリウム充電器。すっごくコンパクト(35×41×55mm、53g)だけど、プラグしまえない

Photo: 小暮ひさのり

昨年、窒化ガリウムを搭載した「PowerpPort Atom PD 1」を見たとき、僕らはそれを「未来の充電器」と称しました。しかし、わずか数カ月でその未来は確実に進化していました。僕らは「PowerPort Atom III Slim」に、一歩進んだ第2世代の未来の姿を見たのです。

「PowerPort Atom III Slim」の価格は3,999円。今年の夏の発売が楽しみでなりません。未来よ、待ってろ。

Source: Anker

PowerPort Atom III Slim ほしい?

投票する!