「WWDC 2017」特集

2017年6月5日(日本時間6日)〜9日(同10日)まで開催される、Apple(アップル)のイベント「WWDC」(Worldwide Developers Conference:ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス)。本特集では、確実視されているiOS、macOS、tvOS、watchOSといった各OSの情報から、噂されているiPad Pro 10.5インチモデルの新型やMacBook、さらには音声アシスタント「Siri」を搭載した通称「Siriスピーカー」まで、同イベントで公開される情報をいち早く、濃密にお届けします。

新ハード発表の嵐!|iMac Pro|10.5インチiPad Pro|HomePod

近年はOSとサービスの話題に終始していたWWDCのKeynote。今年もハードの発表はあまり行われないと見られていましたが、蓋を開けると今年は新ハードウェア発表の嵐となりました。VRに必要なパワーを備えたハイエンドの「iMac Pro」、噂が先行していた10.5インチサイズの「iPad Pro」、HomeKitとSiriのアシスタント機能にも対応した音楽を楽しむスピーカー「HomePod」を中心に、MacBookシリーズはオールラインナップがアップデート、12.9インチのiPad Proもアップグレードされました。

OSも大幅進化。iPad Pro向けのiOS 11が光る。

ファイルシステムの刷新やグラフィックAPIであるMetalの進化によりVRをサポートする「macOS High Sierra」に、iPad Proとの組み合わせで多くの新機能が使える「iOS 11」が発表に。Apple Payでの個人間送金にも対応します。

WWDC関連の最新情報はここでチェック!

キーノートの内容をはじめ、最新のWWDC情報をお届けしています。

過去のWWDCをおさらいしよう!

開発者向けのイベントであるWWDC。しかし、過去にはiPhone 3GやMac Proなど、ハードウェアの発表もありました。そして、毎回のようにOSの新機能について一喜一憂してきました。そこで、ギズモード・ジャパンが追いかけてきた2007年以降のWWDCをおさらいしましょう。

WWDC 2016の良かった点と残念な点のまとめ

毎年のお楽しみ、WWDC 2016のキーノートが終わりました。今回の発表で学んだことがあるとすれば、Appleは根本的に変わったということ。デベロッパーカンファレンスで語られた内容の中には、狂喜乱舞す